沖縄のクラブのハロウィンイベントに潜入!台風でも盛上りMAXな様子

ハロウィンの夜は、クラブイベントが目白押し!

お昼や夕方は仮装して街を練り歩き、二次会はBARやクラブに行く方も多いのではないでしょうか?

何と言っても女子にとってハロウィンのクラブイベントはお得がいっぱい♡

仮装していると入場無料や1ドリンクプレゼントに、多くのクラブでコスプレコンテストが開催され、豪華プレゼントや賞金が用意されています。

今回は、沖縄最大級のクラブ:エピカの「エピカdeハロウィン」に参加してきた様子をご紹介します。

 

4時間半かかったメイクの様子

10月28日土曜日の19時、オーストラリア仕込みのパーティーガール:Maam(まーむ)♡と顔を作るために集合。

前日の27日には台風22号が沖縄を直撃し、28日も前日に引き続き強風と豪雨に見舞われ直前までイベントに参加するか迷っていた2人でしたが、

夜には暴風域も抜ける予測もあったため、この日を楽しみにしていた欲が抑えられず台風なんて関係ねぇ!とせっせとメイクを始めました。

左:KJ 右:Maam

今回のメイクテーマは「ピエロ」です。

KJはドンキホーテで購入した縁なしのホワイトカラコンを、Maamは通販で購入した縁ありのホワイトカラコンを装着します。

カラコンを入れるだけで雰囲気がガラリと変わります。

アイライナーで下書きをします。

アイシャドウや絵の具、アイライナーでペイントした後は、デコ電用のストーンをつけまのりで貼り付けます。

それぞれ自分の思い描くピエロメイクをしていきます。

途中経過……笑。

メイクの様子をインスタライブしていたら、仲間が増えた♡

↑インスタライブ時の様子

せっかくなので、張り切ってメイクしている様子をインスタライブで流していたら、それを見ていたちゃーとが車を飛ばして笑いながらやってきてくれました笑。

左:ちゃーと 右:KJ

予備のカラコンや衣装がなかったため、ちゃーとには急遽シュガースカルのメイクをすることにしました。

ちゃーとのメイクをしている間に、ピエロMaamが誕生。

この写真を見ると、Maamの魔女のようなケタケタ笑いが思い出されて、頭の中を暴走します笑。

おしゃべりに花が咲き、途中食事もはさんで23時半、3人のメイクが完成しました。

ピエロ2人の帽子は、東急ハンズでGetしました。600円くらいだったと思います。

髪の毛は急いで逆毛を立ててツインテールにし、衣装は手持ちの黒ドレスで揃えました。

足元は、ダイソーで購入した網タイツを破いて着用しています。

今回は、KJの沖縄入りが急だったことと、台風の影響で十分な材料調達ができませんでしたが、手持ちのものを使い低予算で抑えることができました。

本来のMaamの想像では、タトゥーシールを全身に入れ、顔にはリアルな傷メイクも加え、髪型ももっと爆発させたかったそうで今回のできは60%程のようでした。

なので、KJはすでに来年のMaamの仮装が楽しみで仕方ないです笑♪

 那覇松山にあるクラブエピカに潜入

2015年夏にオープンし、数々の芸能人やアーティストをゲストに迎え毎週イベントを行う沖縄最大級のクラブエピカ。

27日に襲撃した台風の影響で開催されるイベントはあるのか探していたところ、エピカは開催確実ということで潜入することにしました。

昨年もエピカのハロウィンイベントは大盛況だったようで期待大。

エピカの公式HPはこちら↓

club epica okinawa

 踊り狂う中なんとか撮った写真15枚

雨風もおさまった24時半ごろようやくエピカに到着。

今朝までの台風は嘘のように仮装した若者たちで賑わっていました。

ちゃーとも移動中に着替えを済ませて完璧!

すでに盛り上がりの絶頂の時でした。

ちんすこう食べ放題のコーナー

いちご味のちんすこうが美味しかったです笑♡

ノリノリ♪

やっと会場に到着してテンションMAXです!

エピカには嬉しいことに、女性専用エリアがあります。

そこで出会ったスカルメイクのお姉さんと♡

アンジーのようにセクシーな唇のおに..お姉さんとパシャリ。

この視線….。暴れる予感。

美人なスッチーさんと可愛いアリスさん達と♡

一際目立っていた歌舞伎バナナさん。

よく出会うスパイダーマン笑。

会場内の装飾はどこも可愛いかったです。

可愛いポリスさんとナルトのカカシ仮装のお姉さん。

カカシさんはダイナマイトボディーすぎてめっちゃ見てしまいました笑。

外人さんかと思って話してみたら優しい日本のお姉さんでした♡

テンションが上がりすぎてどこを撮ったのかわからなかったり、ブレッブレの写真ばかりだったので渾身の15枚でお届けしました。

とりあえず「エピカdeハロウィン」の様子は伝わったのではないかと思います。

まとめ

私たちはクラブ会場に少し遅めの24時半に到着しました。

盛り上がりの絶頂でとても楽しかったのですが、抽選の番号カードは24時までの配布だったため参加することができませんでした。

もし、ハロウィンのクラブイベントで抽選や仮装コンテストに参加したい方は、配布時間やエントリー要項などを事前に確認しておくといいと思います。

クラブイベントに参加したということもありますが、那覇のハロウィンはどちらかというと大人が楽しむという感じです。

沖縄県中部に位置する北谷町のハロウィンとはまた雰囲気が全然違いますので、

気になる方は、こちらの記事もご覧ください♡↓

渋谷ハロウィンとは一味違う!子供から大人まで楽しむ沖縄北谷の様子

♡おまけ♡

私たちはまだ遊びたりなかったので、エピカを出た後は沖縄県中部に位置する沖縄市にあるゲート通りへ行きました。

こちらはあまり観光客の方は来ない通りですが、世界40カ国の人々が住む、まさにチャンプルー文化が根付いたまちで、日常的に英語が飛び交うとてもディープなスポットです。

沖縄遊びの新規開拓をしたい方は、ぜひ沖縄市に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

TVや雑誌では知ることのできない沖縄が詰まっています。

料理も飾りも作って楽しむ♡ゆる〜いハロウィンホームパーティの様子

 

COMMENT

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。